FC2ブログ

富山を訪れさせていただきました

年に一度の連休。一泊旅行を企画し、富山にお伺いする事にしました。
かなり以前より見せていただきたかった八尾の風の盆が目的です。9月1日〜3日がお祭りですので休日が合わず、仕事をやめてからと諦めていたのですが、前夜祭なるものがあると知り勇躍出かける事にしました。ところが台風9号接近。
toyama.jpg
台風ごときに負けてたまるか。市電セントラム環状線に乗り、富山駅の「とやマルシェ」で白エビのかき揚げどん、刺身付きを頂きました。昼時とあって長蛇の行列。やっと御出会いできたのが上の写真で。未だお待ちの方が多くあり、とりあえず急いで食事。食後慌てて食べさせるから味など分からなかったと妻よりお小言。確かにそうですが、あの状況の中で悠然と食事を楽しむ根性は私にはありません。許せ妻よ。この昼食が旅行中のいちばん高価な食事になろうとは。
食後は富山城址を見学に。本当はレトロ市電で行きたかったのですが、目と鼻の先との妻の進言で歩いて参りました。乗りたかったなー。前田家の分家で金沢城の支城ですが残っているのは御門だけ。前田正甫公の銅像の前で記念写真。汗だくの疲れきった身体を休める為に今夜の宿、ビジネスホテルへ。暫し休息後八尾へ。
yatuo.jpg
町流し迄には未だ時間があるものの、町の見学もしたく予定よりは1時間遅れ乍ら八尾へ到着。小雨の中、妻の愚痴を背に黙々と雰囲気に浸ります。起伏の多い町をただ歩きます。台風9号の影響で時折激しくなる雨脚の中ただ歩きます。昼食の白エビ天丼のお陰でそれほど空腹は感じませんが、今のうちに食事をとの思いは、貸し切り、お休み等多く、そのうちデモが始まってしまいそうで、急遽当初の予定には無かった会館へ。この雨では町歩きが中止になりそうなので、せめて踊りだけでも。会館での踊りではその魅力の一端をかいま見たように思います。一言で表現すれば情念の踊りでしょうか。胡弓、三味線、歌声などジカタとあいまってその魅力は増幅します。さらっとした振り付けの中に押さえた感情のほとばしりを感じてステキでした。予想通り町歩きは中止。それでもくじけずに練習風景を。又必ずいつか寄せていただきたいとの思いを残して八尾を後に。ホテルのサービスのハーフサイズのラーメンを頂いておやすみなさい。
himi noto
朝食のバイキングはこれで1500円は安い。お風呂も掛け流しではないとは思いますが、満足でした。
次の目的地は雨晴海岸。途中高岡市で国分寺跡、気多神社に御参りしました。万葉、二上山の看板の不思議が、大伴家持公にあるという事が分かり納得。地元の方の熱心なご説明がありがたくもありました。氷見で昼食。残念ながら立山は雲の中でしたが魚々座と海は想像通りで良かったです。最終目的地の羽咋に向かいましたが途中でライダーの方に話しかけられ、能登島、輪島に方向変更。お陰で輪島キリコ祭りの松明立ても見る事ができました。祭りを見せていただきたいとは思いましたが休日は2日間、羽咋へ向かいます。到着は大きく遅れ千里浜に入ったのは夕刻。でこの絶景。海と夕日だけなら久美浜夕日が浦海岸も引けはとりませんが、このスケール感と自動車で波打ち際を走るという特異体験は。尤も内灘町で夕食は無理となり、スーパーで買った弁当をつまみながらの帰路。思いのすべてを実現した訳ではありませんでしたが、思いもかけない多くの出会いも含め、妻はどう思っているか分からないものの、充実した貴重な休日を過ごす事ができたの思いで深夜の帰還とはなりました。又いつか、又いつか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮津の写真屋

Author:宮津の写真屋
好きなもの 
酒全般 新宿中村屋の月餅 
鯖の塩焼き 鰹のたたき
セロニアス・モンク バルバラ
ムスタキ  ニック・ドレイク 
ラフマニノフ ベートーベン田園
ラベルのボレロ 長渕剛 
ボサノバ全般  冬 野付半島
行き当たりばったりの旅行が夢。

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード