スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私らしさ?

新たなチャレンジを試みたいとバタバタしており更新がおろそかになりました。
写真屋とは、その存在意義とはと等考えているうちに日々が過ぎてしまいブログがおろそかになってしまったのです。
この間初宮詣りで少し忙しくさせて頂きましたが、今回ご紹介はご成人です。
2017seijin 1
ご覧の通りカワイイお嬢様です。呉服屋様のご提案をお断りになりお見えいただきました。こんなお嬢様ですので、誰がどのように撮影してもステキなお写真ができたと思うのですが。本当にいろんな表情をお見せいただきました。キレイと思うシーンやカワイイと思うシーンが続きましたが、私が良いなと思ったのはこのシーンです。
IMG_8141.jpg
ネールを一カ所だけ赤くされています。その他のネールは濃いめの肌色にされています。ちょっとオシャレじゃないかと思います。個性的なヘアースタイルとも相まってお嬢様の思いを深読みしてしまいました。
ご自分のお気持ちを大切になさっておられるのでしょうね。ありがとうございました。
学校写真での頼まれもしない撮影で汗をかいた夏前半、刺激いただきました。

弁解

本当に永くご無沙汰致しております。4、5月は学校関係の取材で飛び回っていました。
この時期に卒アルの撮影?とのご不審もお有りとは思いますが、次のような事情です。
卒アルには「日常生活」を重要な要素と考えています。いろんな出来事をその時代の想い出としておられると思いますが、案外普通の生活は記憶の埒外になる事は少なくはなく、同時にその事が必ずしも肯定的に思えないという事もあろうと思いますが、時と共に良い想い出になってほしいとの思いもあります。何れにしましてもその当時の出来事が鮮明に思い出されるという事が大切だと思うからです。となると制服姿が多くの場合基本になると考えています。ところが連休、修学旅行等の為、思いのほか機会は少なくどうしてもこの時期になるという事です。10月以降にも機会はあるのですが行事も多く進路の面でも大変になって参ります。コチラの事情としても七五三、成人前撮り、ご婚礼など撮影機会が立込む事態になります。行事中心の構成であれば…との思いはありますが、変なこだわりかもしれませんがそれが私の生きた証との思いもあります。
ところで七五三は今回で一旦休止します。取り上げるお写真で私の思いが表現できれば嬉しいのですが。
219-224.jpg
可愛いのですが少しお上品でもあります。フォーマルフォトではそれで良いのですが、それだけでは面白くありません。この時代を活き活きと表現したいのです。192-248.jpg
少しはこのお嬢様の思いに寄り添えたでしょうか。
IMG_6432.jpg
ご祈祷に向け駆け出すお子様。期待するのは何でしょうか。本当は親御様に手を引かれてという場面を期待したのですが。
ito.jpg
ご両親のご結婚記念撮影以来お見えいただいています。カッコ良くありません?
それにしてもお子様達のエネルギーは凄いと感心させられます。
撮影のお客様がお見えです。今回はこれにて。






楽しいお子様写真 七五三-2

お客様、一番のご希望のご家族撮影がダマシだましで完了、できれば一人写しもとのご注文。ピシッとは無理かもと思いましたがとりあえずチャレンジ。なんとかご勘弁がいただきたいがこれ
098&
シャキッとニコパチとはまいりませんがこのお嬢様の一面と…。肝心のご家族写真の時にはカワイイ笑顔ができたので上等と。が、私の好きなのは
511-526.jpg
電池の切れる事はないのかと思う程の、果てしなき猛ダッシュ。ご祈祷後の様子はこの通りです。
540-554.jpg
お母様を草履持ちに従えて堂々のご退出。最後の決めポーズはこれダッ!
IMG_5547.jpg
おじさんはこういうのが大好きなのです。多分この時期だけですので、お父様お母様お疲れでしょうが大いに楽しんで下さい。年頃になられたお嬢様の反応を楽しみに。



楽しいお子様写真 七五三-1

 これではご希望の写真とはなりませんが、私が好きなお子様写真を少し綴って参ります。
IMG_5562.jpg
フォーマル撮影終了後、お参りの様子を撮影させて頂きました。みんなが待っている拝殿に急ぎますが、心配したお姉様が迎えに。
550-604.jpg
三者三様の表情がいいですね。親御様たちとの表情の対比が面白いのですが。
IMG_5575.jpg
さすがお姉様、一応神妙なお顔をなさっています。お二人の目での会話も気になるところです。
IMG_5618.jpg
お祝い、ご褒美めがけて急げっ!  こんな素直なお子様の姿が本当は大好きなのです。大きくなられた時に豊かで、ご家族の愛情を実感できる想い出として鮮やかに蘇る一助になると嬉しいのです。
 お姉様の初宮まいり以来、ずっとご利用いただきました。本当にありがとうございました。
いつまでも仲良くお幸せに。


成人後撮りから18年前撮りへ

もう少し後撮りがありますが、前撮りに変わって行きます。
atodori 1
このお嬢様の魅力は目です。瞳と白目がくっきりとしており、肌の美しさとも相まって、輝くような美しさをお見せいただきました。私の力量でどの程度お伝えできるか不安ですが。
atodori 2
笑顔のあどけなさも良いのですがこの表情が好きです。お着付けもしっかりされているように思います。私はお着物姿の魅力を感じるのですが。
 前回悲しい事と申し上げたことを少し書きます。
写真屋の仕事は撮影後から始まると思っています。詳しく書くとかなりスペースが必要となりますので、ここでは省きますが、美しい写真の為にいろんな手順を踏みます。そのため繁忙期には仕事が遅れがちになりご迷惑をおかけせざるを得なくなります。特に私は不器用ですのでそれがひどいのです。それはさておき、ウイル店での事。「まあステキ」というお声が聞こえたので、チラットそちらを見ると撮影見本のアルバムをご覧になっている中年のご婦人の姿。心の中でニヤッとしたのもつかの間、そのお嬢様とおぼしき若いご婦人がそのご婦人に何やら耳打ち。「エッ、そうなん?」とのお声と共に私の方に蔑みの視線を投げ掛け出て行かれました。ナンダ、ナンダ。悪い事をした覚えはないのですが、何を耳打ちされたのでしょうか。不審に思われたのならお聞きいただきたかった。こんな事もありました。
 ウイル店では「田舎だからダメ」と思われたくない為、常に最新のプリント処理機材を導入し続けてきたつもりです。
都会にお住まいのお嬢様とコチラにお住まいのお母様でしょうか、フィルムをお持ちいただきました。出来上がり時間をお聞きになりましたので、35分程お待ちいただくようにお応えしましたところ「だから田舎はダメなのね。ウチの方だと15分よ」。確かに機械任せにすればその程度です。が私どもではたとえ数十円のプリントでも美しい色でお渡ししたいと一枚ずつ補整をしてプリント。再プリントをする事も少なくありません。少し時間がかかりますが、大切な記録だとの思いもあり、極力頑張っているつもりなのですが。某ホテルでご婚礼をされたお客様がそのスナップCDをお持ちになりプリントをご依頼に。画像のセレクトも色調補整もないままのCD。勿論かなりの補整を加え乍らお渡ししたのですが、色が悪いとのご指摘。会場の色がそのままでているので、かなり黄赤っぽい画像でした。そのご説明によれば「敢てフィルターをかけての撮影」とプロカメラマンに言われたとか。そんな場合もあるかもしれませんが、意味もなくすべてがそうなのは変だと思うのですが。勿論全てノーマル焼きで焼き直し致しました。黒つぶれ、白飛びもそのままに。
 今回はゴメンナサイ。
プロフィール

宮津の写真屋

Author:宮津の写真屋
好きなもの 
酒全般 新宿中村屋の月餅 
鯖の塩焼き 鰹のたたき
セロニアス・モンク バルバラ
ムスタキ  ニック・ドレイク 
ラフマニノフ ベートーベン田園
ラベルのボレロ 長渕剛 
ボサノバ全般  冬 野付半島
行き当たりばったりの旅行が夢。

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。